ノンフロンダストブロワー

隙間にたまったホコリ掃除に

隙間にたまったホコリ掃除に
パソコン、プリンタ、デジカメなど、PC機器・OA機器のお手入れに

パソコンなどにホコリがたまると故障の原因になります。
狭い隙間やコネクタなど、ブラシが届かない部分をねらい撃ちすれば、ホコリをキレイに取り除くことができます。

プリンタやデジカメなどの周辺機器や、各種OA機器にもお使いいただけます。

さらに、他社の従来品と違って、エヌ・ケイ・ケイのダストブロワーは、オゾン層を破壊するフロンを一切使用していない地球に優しい製品です。

クリーンスコール

クリーンスコールクリーンスコールPV

型番 CS-350N
成分 DME,CO2
内容量 350ml
付属品 EXTチューブ(135mm)
サイズ 径 66mm x 233mm
クリーンスコール スパウト仕様

クリーンスコール スパウト仕様

型番 CS-350G
成分 DME,CO2
内容量 350ml
付属品 EXTチューブ(135mm)
サイズ 径 66mm x 215mm

NKKのノンフロンダストブロワー

エヌ・ケイ・ケイが提供する「クリーンスコール」は、ノンフロン系ダストブロワーです。
代替フロン(HFC)のエアダストブロワーとは異なります。

※代替フロン(HFC)はオゾン層を直接破壊しませんが、強力な地球温暖化係数(CO2の数百~数千倍)を持つ、れっきとした”フロン”です。
エヌ・ケイ・ケイはHFC-134a(地球温暖化係数1430)からHFC -152a(地球温暖化係数124)に噴射剤を移行しただけで温暖化対策ができたとは考えておりません。

エヌ・ケイ・ケイはさらに上を目指し、地球に害を及ぼさないために、「地球温暖化係数1以下」の製品を開発しました。

ノンフロンダストブロワーの秘密

ノンフロンダストブロワーの秘密

NKKのノンフロンダストブロワー4つのポイント

  • 地球温暖化係数1以下
  • 安全設計
  • 無駄のない構造
  • エアゾールタイプ

地球温暖化係数及び使用ガスについて

地球温暖化係数とは、温室効果ガスが地球温暖化に対し与える影響を、CO2(二酸化炭素)を1とした場合の相対的に表したものです。(詳しくはこちら)

HFC-134aやHFC-152aの代替フロンはそれぞれ、CO2の1300倍、140倍も地球温暖化に対し影響を与えます。
これに対しDME(ジメチルエーテル)は、1以下と地球温暖化に与える影響が非常に少ないガスです。
DMEには若干エーテル臭がありますが、引火事故を防ぐためにこの臭いを逆にご利用いただければと考えております。
臭いのする間は引火物にご注意いただくということです。

HFC-152aは通常無臭ですが、一度引火すると熱分解により有毒ガスが発生します。
さらに引火自己抑制のため、法律で認められている範囲内で不燃性であるCO2を混合しております。
DMEは可燃性ガスですが、エアゾール上タイプで現在法律で認められている不燃性のガスは地球温暖化に与える影響が非常に大きいHFC-134aしかありません。
エヌ・ケイ・ケイでは、現在考えられるガスの中で、地球環境と安全性を両立させた非フロンダストブロワーのガスとしてはDMEがベストの選択であると考えています。

冷媒としての代替フロンはフロン回収破壊法(フロンリサイクル法)等により法整備されつつありますがダストブロワーはその性質から大気放出型です。
一度大気放出された代替フロンの回収は不可能。またCO2と違い、森林植物も吸収してくれません。

続きを読む

特殊吸収体ついて

エヌ・ケイ・ケイ株式会社のノンフロンダストブロワーは安全性と利便性を追求したため、特殊吸収体を内蔵しています。
従って、同じ大きさの缶でフロンを使用した従来のダストブロワーと比較すると内容量は少なくなっています。

しかしながら、一回の噴射量はHFC-152aの90%(重量比)で充分な効果を与えられるように設計しています。
また、特殊吸収体によりどの角度で噴射しても液漏れしません。
対象物に対して角度を気にせず、噴射する事ができ、また、無駄なガスの放出がなくなります。
同様の缶サイズであれば噴射回数に大きな差はありません。

また、従来のHFC-152aタイプやHFC-152a及びDMEの混合タイプのダストブロワーで過去数件起こった引火事故を弊社が調査したところ、その主たる原因は液漏れ(気化)による周辺濃度の上昇と、静電気やスパーク等の着火の条件が重なった場合に起きている事が判明しました。
特殊吸収体による液漏れ防止機能は、引火事故抑制にも効果があるということです。

続きを読む

事故を防ぐために

事故を防ぐために 特殊吸収体は過去最大の保液能力がありますが、正立状態以外で保管されたり、逆さまにした状態で長時間連続使用されますと、吸収体の保液能力が限界に達し、液が噴射される場合があります。
ご使用方法を熟読の上、安全にご使用ください。

シュレッダー等の密閉度の高い電気製品に対しご使用になると、周辺濃度が減少する時間は長くなります。
また、シュレッダーはモータやカッターなど多くの金属が回転する構造ですのでスパーク現象が起こりやすい機械です。
ご使用は避けてください。

特殊吸収体を内蔵しておりますので、ガスを使い切ってもある程度の重量があります。
ガス音が完全に消えるまでボタンまたはガス抜き機構をご使用になってガスを抜き、地方自治体の指導のもと不燃物として廃棄してください。決して缶に穴はあけないでください。

エヌ・ケイ・ケイ株式会社は地球温暖化防止の為、ダストブロワーの非フロン系製品をお勧めいたします。
密閉された製品以外が対象物の御使用は「非フロン系ダストブロワーのクリーンスコール等」、密閉された対象物に噴射(シュレッター等)には不燃性のブロワー(炭酸ガスブロワー、電動式コンプレッサー、手動式ダストブロワー等) をご使用になり、地球温暖化防止にご協力ください。

続きを読む