安全ガイド

エアゾール(スプレー缶)製品全般

エアゾール製品の噴射剤のほとんどに可燃性ガスが使用されております。
エアゾール缶の裏面に噴射ガスの名称が明記されております。

噴射剤の一例

噴射剤の一例

可燃性

LPG→液化石油ガス
DME→ジメチルエーテル
HFC-152a→ハイドロフルオロカーボン152a

不燃性

HFC-134a→ハイドロフルオロカーボン134a
CO2→炭酸ガス(圧縮ガス)
N2→窒素ガス(圧縮ガス)
N2O→亜酸化窒素(圧縮ガス)

可燃性エアゾールで絶対に行ってはいけないこと

  • 炎や火気の近くで使用してはいけない。
  • 火気を使用している室内で大量に使用してはいけない。
  • 直射日光の当たる所や火気の近く等、温度が40度以上となる所に置いてはいけない。
  • 火の中に入れてはいけない。
  • 使い切らず、中身が残った状態で廃棄してはいけない。

関連リンク